k-tai.impress.co.jp

こういうのは、面白い試みだと思う。
現在の「ハードウェアボタン」では、このように「場面に遇わせたボタンの表示」はできない。
また、これがケータイに実装されれば、
「手書き文字入力」とか、「マウスの代わり」になったりするのではないだろうか?

最初は、「ボタンが多いとどれが何なのかわからん!」という人向け(お年寄り?)の機能だったと思われるが、
色々期待は膨らみますね。



Comments

comments powered by Disqus