OpenStack Tempest の テストを実行する方法 (testr vs run_tempest.sh vs tox)

Tempest は OpenStackのテストスイートです。 これを実行することにより、OpenStackが"ちゃんとうごく"かどうかを確認できます。

準備

DevStackを使ってOpenStackをインストールして、一緒にTempestもインストールした場合には下記準備作業は不要です(自動的に設定ファイルを設定してくれるため)。 なお、Tempestは現在3つのバージョン(Icehouse, Juno, master)にブランチなしで対応していますので、基本的には最新版のTempestを使えば事足りるはずです。 (サポートしていない機能などがあれば、下記に示す設定ファイル(tempest.conf)でテストするかどうかを設定できます。)

mkdir -p /opt/stack
cd /opt/stack
git clone https://github.com/openstack/tempest
cd /opt/stack/tempest
cp etc/tempest.conf.sample etc/tempest.conf
vi …

View comments.

more ...





気になる話題: ここまでやるか。SQLiteをJavaScriptに変換「SQL.js」 - MOONGIFT|オープンソース・ソフトウェア紹介を軸としたITエンジニア、Webデザイナー向けブログ



Agile Japan 2012(東京サテライト)に行ってきた! #aj12 #aj12東京

Agile Japan 2012 (東京サテライト)というものに(有給+自腹で)、初めて行って来ました。

  • 参加費が6,000円
  • サテライト開催
  • 知り合いはいない

という状況で、若干参加を躊躇していましたが、 参加した感想としては、

「参加して良かった!次回も是非参加したい!」 です。

知り合いがいなくても全然問題なしでした。 「ワールドカフェ」で、近くの人となんとなくのフィーリングで3人組になり、 打ち解けあう時間が持て、なんと一人は学生!でした。

今のところ、自分としてはアジャイルプラクティスを 部分的に導入したりしている(こともある)くらいですが、 実際にアジャイルをバリバリ実践している方の公演や質疑応答を見たり、 学生が参加しているのを見たりして、非常に刺激を受け、 「まだやれること、やるべきことがたくさんあるな」 と感じた一日でした。

心残りは、クロージング、交流会に参加できなかったこと。

15時頃、妻より、「次男が39.4℃の熱あり!」ということで、 若干、中途半端ながら帰りました。

次回は、フル参加して、他の方との交流も楽しみたいと思いました …

View comments.

more ...