「PCが複数台あって、必要な時だけPCを起動したい」という欲求が出てきたので、
Wake On Lan(WOL)機能を使ってみた。

(最近、暑くなってきたこともあり、さらに電気代もバカにならないので、
不要なPCの電源はできるだけ落としておきたいので)

  • 準備(ハードウェア編)

マザーボード等が対応している必要があるが、
最近のPCであればおそらく対応しているものがほとんどだと思われる。
ただし、BIOSの設定変更が必要な場合があるので注意が必要。
私が使っているマザーボード(MSI KA780GM-M)ではデフォルトでONになっている様でした。

  • 準備(ソフトウェア編)

送信側:

  1. 「起こされる」PCのMACアドレスを調査
  2. wakeonlanパッケージをインストール
  3. wakeonlanコマンドを使用し、起こす

この様な流れでしょうか。では、詳細を。

  1. 「起こされる」PCのMACアドレスを調査
  2. wakeonlanパッケージをインストール
  3. wakeonlanコマンドを使用し、起こす

cron等で「起こす側」がwakeonlanコマンドを実行し、「起こされる側」が定期的にpoweroffするようにすれば、
「定期的に電源ONをして、終わったら、電源OFF」という運用が可能となる。

参考リンク:
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/709usewol.html



Comments

comments powered by Disqus