Pentium 4“4GHz”搭載の60万円ゲームPC

ITmedia

グラフィックスカード:NVIDIA GeForce 6800 UltraのGDDR3メモリ256MB(PCI Express版) メモリ:デュアルチャンネル対応DDR SDRAM 1GB HDD:Serial ATA Western Digital Raptor 74GB RAID構成 サウンドカード:Creative 「Sound Blaster Audigy 2 ZS High Definition 7.1 Surround」 電源ユニット:640W

だそうです。こんなのに60万円も出せるような人になりたいな。。
とりあえず、必要ありませんね。

View comments.

more ...


[email protected] が有意信号を受信?

スラド
CNET

ついに、キター?本当に来たなら、大祭りだけど、
否定的な意見も多いようです。(当たり前だけど)
でも、なんだか夢があるね。
以前は、かなりはまって会社のPC/家のPC(2〜3台)で常時動かしてたけど、
最近はやっていないなぁ。
また、始めようかなぁ。。

View comments.

more ...


PowerMac G4買いました。

{width="320" height="240"}
PowerMac G4を買いました。(今更ながら)
中古で49,800円(税込)くらいでした。
52,000円の値札がついていたのですが、サイドパネルの爪が折れているらしく、
3000円引きになっていました。

で、買うと、
「512MBのメモリがあたる!」ってクジを引いたのですが、
案の定ハズレでした。まぁ、当たりくじなんかほとんど入ってないと思いますが。

私が買ったのは、
PowerMac G4 (Gigabit Ethernet?)で、

Memory:320MB

HDD:20GB

DVD-ROMドライブ

マニュアル・電源コード・IEEE1394ケーブル・USBケーブル・リストアCD 付き

キーボード・マウス付き
HDDは、20GBではちょっと心もとなかったのと、
ちょっとでも体感速度を速くしようと思って、80GBにしました。

あとは、グラボ(Radeon8500を狙ってます)とメモリとCPUのアップグレードが待っています。
全部やったら …

View comments.

more ...



ジョイスティックで太陽系を航行できる「ステラナビゲータ Ver.7」

今回のバージョンアップでは、以下のような機能の追加が特徴となっているようだ。

プラネタリウム機能の強化と、太陽系フライトモードの追加が特徴となっている。
 プラネタリウムでは、天体の物語を画像とナレーションで解説する「プラネタリウム番組」が新設され、12本が収録される。
 また、太陽系フライトモードでは、キーボードやジョイスティックを使用して、太陽系内を自由自在に航行できる。土星などの惑星に接近して見ることもできる。

高校・大学と星を見るサークルだったので、非常に興味があるが、
とりあえず、望遠鏡とそれをいじる時間が欲しいです。
価格は15,750円。対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000/XP。
MacOSには対応しないみたい。当たり前といえば当たり前か。。

View comments.

more ...